• conny-aroma

アドバイザー後の資格について思う事

コロナウィルス感染により延期になったアロマ検定が1年ぶりにオンラインで実施されることになりました。


コニーアロマで検定コースを受講いただいた生徒さんも、受験まで時間があったので内容を忘れてしまわないかと心配して時々確認ラインをさせていただいてました。


でも無事に合格!!ほっとしました。

アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受けてアドバイザーになるのですが・・・

ほっとしたその後について思う事。


専科資格や上位資格


専科資格は受講すると取得できるので気楽さがあります。


上位資格は時間も長く内容も濃いから力が入りますよね?!

「アロマインストラクター」と「アロマセラピスト」

アロマが好きだから両方取得したいという方も多いけど・・・

どちらかというとインストラクター

どちらかというとアロマセラピスト

と、ほとんどの方にその傾向があります。



多いのが

「本当はセラピストの資格が欲しいけど、時間も長く受講料も高いので

インストラクターから取得することにした」

という場合。


今ははっきりしませんが、他のスクールさんには

インストラクターを取得しないとアロマセラピストを受講できないシステムという

ところもあります。


2足のわらじを履いている私としては、求められていることが別!

と強く思います。


ちょっと考えればインストラクター、セラピストで思い浮かぶ人物像や

顔つきが違くないですか?



個々の個性や学びたい事、仕事にしたい事を私は尊重されるべきと思っています。

人前で話すことが苦手な人がなぜインストラクターを学ばなければならないのか?


もちろん気が進まない場合でも取得した知識や資格は無駄になりません。



でも何だかね・・・と思っているのです。



苦手な分野の勉強は学生の時だけで十分だ!と思うのは私だけでしょうか(*‘ω‘ *)



いろいろな人がいるのですから「人がいるだけ希望の方法がある」

くらいに思ってゆる~く生徒さんの希望にこれからもお応えしようと思っています。


よろしくお願いしまっす♡

20回の閲覧0件のコメント